\ ブログ連携【楽天ROOM】更新中/

サッカーを始めるときに必要な道具って?

soccer ジュニア

サッカーを始めるならあれこれ道具を買い揃えよう!

いまはやる気満々だけど、すぐに辞めるって言わないかなぁ?

サッカーを始めるとなったら色々道具が必要です。
洗い替え用に複数買ったり、成長期なのでサイズアップも頻繁です。
まずは必要なものだけを買って、「続けられそう」と判断できてから買い足しましょう。

最初に必要な道具

サッカーボール

まずは、サッカーボール。これがないと始まりませんね。
一般的に、小学生は4号球、中学生~大人は5号球を使用します
“フットサルボール”は大きさが異なるので買う時に注意してくださいね。

たくさん種類があり、値段もピンキリですが、最初から高価なものを買う必要はありません。
最初は好きな色・好きなデザインでOKですが、「検定球」がおすすめです。
検定球は、FIFA(国際サッカー連盟)やJFA(日本サッカー協会)などの検査を通過したボールで、プロの試合でも使用しています。

シューズ

次にサッカーシューズです。シューズは主に3種類あります。

トレーニングシューズ

その名の通り、トレーニング=練習用のシューズです。よく「トレシュー」と呼ばれます。
靴底には、高さの低いデコボコがたくさんついています。
スパイクほどグリップ力が強くなく、足裏全体で地面をとらえるため、足への負担が少ないそうです。

低学年のうちは練習も試合もトレシューのチームが多いです。
また、グラウンドによってはスパイクを禁止している所もあるので、高学年でも試合で使用します。

スパイク

スパイクにはポイント(スタッド)と呼ばれる高さのあるデコボコがついています。
トレシューが面で支えるのに対して、スパイクは点でささえる感じで、グリップ力が強く、ダッシュや素早いターンに向いています。
大人のスパイクはポイントが取替式のものがありますが、ジュニアサイズのスパイクはほぼ固定式です。

高学年でサッカーを始める場合、チームメイトはスパイクを履いてるかもしれませんが、トレシューでも公式戦に出られます。スパイクを使用するかどうかは、コーチに判断してもらってください。

フットサルシューズ

フットサルシューズには「屋内用」と「屋外用」があります。
体育館で練習があるチームは、「屋内用フットサルシューズ」を用意してください。
靴底はあめ色で、床を傷つけないようデコボコの少ないほぼ平らなシューズで、溝があり滑りにくくなっています。

レガース(シンガード)

“すねあて”とも呼ばれ、その名の通り、すねを保護するためにソックスの中に入れて使う道具です。
対戦相手に接触したり、蹴られたりした時のケガ防止のため、公式戦では着用を義務づけられています。

プラクティスウェア+パンツ

練習着は自由で各自用意するチームもありますし、お揃いのチームTシャツを作っていてそれで練習するチームもあります。
プラクティスパンツはユニフォームやチームカラーに合わせて指定されることが多く、無地・ブランドロゴ・柄ありなどのバリエーションがあります。

アンダーシャツ+パンツ(スパッツ)

夏は速乾性の高いノースリーブ+ハーフ丈のアンダーパンツ、冬は保温性の高い長袖+スパッツタイプのアンダーパンツなど季節により異なります。
※チームで指定されたカラーのものを用意する場合が多いので、確認しましょう。

サッカーソックス(ストッキング)

ひざ上までの長さのソックスを1つ折り返す履くが一般的です。
ソックスがずれるのを防ぐために、折り返しの中に“ソックスホルダー”というバンドをする子もいます。
とても汚れますし、よく破れるので、2~3足用意して交互で履いた方が長持ちして良いです。
※チームで指定されたカラーのものを用意する場合が多いので、確認しましょう。

バッグ

練習や試合に行くのに必要です。小学生にはリュックタイプがおすすめです。
身体の大きさと、持ち物の量に合わせて選んでくださいね。
ボールやシューズと他の荷物が別に収納できる便利なバッグもあります。

水筒

大きめのものを選びましょう。1.5~2Lのジャグがおすすめです。

あると便利な道具

キャップ 夏の熱中症予防に。プレイ中でも脱げないように、フィットするサイズを選びましょう。
手袋 ウォーミングアップや練習時に重宝します。
ピステ 裏地なしの薄いものは、春・秋の肌寒い日に、中綿の入った厚手のものは冬にぴったりです。
ベンチコート 中綿入りや内側がボアのものは少し重めで、ダウンのものは軽くて温かいですが高価なものが多いです。

まとめ

大人も子どもも新しく何かを始めるときは準備が必要です。高価なものが優れているとは限りません。

買い替える時期が来る頃には、サッカーを楽しむとともに「次は空気が抜けにくい、長持ちするボールがいいな」「このメーカーのシューズが自分の足幅に合ってて走りやすい」など、道具にもこだわりが出てくるでしょう。

お気に入りの道具が見つかりますように!