\ ブログ連携【楽天ROOM】更新中/

子どもをネットの危険から守るために

SNS

こんにちは。高槻ジュニアの管理人ももえ(@TJ_momoe)です。

学生さんたちは、まもなく卒業シーズン&春休みですね。

春休みは、夏休みのように宿題も多くないし、家でのんびりしたり友達と遊ぶ時間が増えて、ネットやゲームをする時間が長くなりがちです。

また、新学期が始まると、新しいクラスの友達とSNSのIDを交換したりして、交友関係が拡がったりします。

そんな季節だからこそ、子どもがネットを安全に利用できるように、スマホの設定や家庭内で利用のルールを見直してみましょう。

気をつけたいポイント

知らない相手とつながる

SNSやアプリで、友達の友達やフォロワーなど、知らない相手とつながることがよくあります。

しかし、中には悪意をもって近づいてくる人もいます。ネットで知り合った相手と連絡を取り合ったり、実際に会う約束をしたりして、犯罪や事件に巻き込まれないよう注意しましょう。

個人情報の流出

SNSで、学校の制服や風景などから住所や個人情報が特定できる写真や動画をアップしてしまい、ストーカー被害や嫌がらせにあう場合があるので、注意しましょう。

有害サイトの閲覧

Webサイトやアプリの広告から、成人向けサイトや詐欺サイトに誘導され、高額な利用料を請求されたりすることもあるので注意しましょう。

ネットいじめ

ネットに他人の悪口を書き込み、いじめの原因となることがあります。すぐに削除したとしても、写真保存されて、拡散してしまう場合もあるので、絶対に書き込まないようにしましょう。

スポンサーリンク

家庭でのルール

スマホの使い過ぎを防いだり、トラブルに巻き込まれないよう、ネット利用のルールを親子で話し合って、最初に決めておくと良いでしょう。

  • スマホはリビングに置いておく
  • スマホを使う時間を決める
  • アプリを勝手にダウンロードしない
  • 知らない人と直接やり取りをしない
  • 自分や他人の個人情報を書き込まない
  • 他人の悪口を書き込まない
  • トラブルがあればすぐに親に相談する

小学生→中学生→高校生と子ども成長と利用状況に合わせて、ルールを変更していきましょう。

このようなルールに加えて、フィルタリングサービスやスマホの設定を使用して、子どもが正しく安全にスマホを利用できる環境を用意してあげましょう。

おすすめのサービス

フィルタリングサービス

各キャリア(docomo/au/softbank)が提供している『あんしんフィルター』を利用すれば、ネットやアプリの利用時間、有害サイトの閲覧などを制限できます。

SNSのプライバシー設定

SNSのプライバシー設定を必ず確認しましょう。
不特定多数に個人情報を公開してしまわないよう、プロフィール欄や公開範囲など、適切な設定をしましょう。

iPhone(iOS)の『スクリーンタイム』

iPhone(iOS)では「設定」→「スクリーンタイム」の設定で、閲覧できるWebサイトやアプリの追加/削除を制限したり、アプリの課金ができなくなります。

番外編:Nintendo Switchの『みまもり設定』

任天堂の「Nintendo みまもり Switch」というアプリを使えば、Nintendo Switchでのプレイ状況をスマホから見守ることができます。

また、年齢に応じて機能が制限できるので、画面写真や動画のSNS投稿や、ほかの人との自由なコミュニケーションを制限できたりします。

まとめ


ネットは便利ですが、保護者が知らないうちにトラブルに巻き込まれるケースが増えています。

スマホの設定やサービスを利用して、有害なサイトの閲覧や、アプリの課金などを保護者がきちんと制限してあげることが、安心につながります。

いくらルールを作っても、「つい検索してしまった」「ついクリックしてしまった」などつい好奇心からルールを破ってしまうことがあります。

子どもが安全にネットを利用できるように、保護者が環境を整えてあげることで、大人になってもプライバシー保護への意識が高まり、自己防衛につながるはずなので、これを機に親子で話し合ってみてくださいね。