\ ブログ連携【楽天ROOM】更新中/

子どもを1人育てるのに1,000万円かかるってホント?

お金

こんにちは。高槻ジュニアの管理人ももえ(@TJ_momoe)です。

子どもがやりたいことは全部させてあげたい、欲しいものはなるべく買ってあげたい、と思いますよね。
けれど、子どもの成長にともなってますます必要となる「お金」。
子ども1人育てるのにかかるお金って実際どれくらいなのか調べてみました。

幼稚園~高等学校まででかかる教育費

文部科学省が行っている子供の学習費調査の平成28年度の結果によると、

公立 私立
幼稚園 約23万4千円 約48万2千円
小学校 約32万2千円 約152万8千円
中学校 約47万9千円 約132万7千円
高等学校 約45万1千円 約104万円

幼稚園から高校まで全て公立に通った場合で、総額は約540万円
幼稚園から高校まで全て私立に通った場合は、総額はなんと約1,770万円もかかるんです!!

スポンサーリンク

大学でかかる教育費

続いて、大学でかかる教育費を見てみましょう。
大学でかかる費用は、国公立or私立、文系or理系、自宅から通学or自宅外から通学など条件によって大きく異なります。

日本政策金融公庫が行っている「教育費に関する調査結果」の平成29年度の結果によると、

入学費用(初年度) 在学費用(1年間) 初年度合計 合計
国公立 約62.9万円 約108.5万円 約171.4万円 約496.9万円
私立文系 約92.9万円 約161.3万円 約254.2万円 約738.1万円
私立理系(4年) 約87.0万円 約180.2万円 約267.2万円 約807.8万円
私立医歯薬(6年) 約87.0万円 約180.2万円 約267.2万円 約1168.2万円

さらに自宅外から通学するとなると、初年度には住宅を用意する費用等が上乗せされ、さらに生活費の仕送りなども加算されます。

大学まで進学させようとすると、タイトルの「子どもを1人育てるのに1,000万円」はウソで、実際はもっともっとかかるということが良く分かりますね。

スポンサーリンク

まとめ

大阪 内申点 計算

こうして改めて合計金額をみるとぞっとしますが、子どもにかかるお金は長期間で必要になるものであって、一時に必要になるわけではありません。普段からの備えが大切ということです。

一定の条件を満たせば高等学校等就学支援金制度も適用されますし、2019年10月からは幼児教育・保育の無償化、2020年4月からは大学の無償化も検討されています。

大阪府の高校授業料無償化制度については、府立高等学校はこちら、私立高等学校はこちらからご覧ください。

ただし、2019年10月から消費税率が8%→10%に引き上げられ、生活費の負担は増えるでしょうから、これを機に家計について考えてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金
高槻ジュニア – Takatsuki Junior