\ ブログ連携【楽天ROOM】更新中/

【高校入試】大阪府公立入試 『内申点』の計算って??

大阪 内申点 計算 中学

こんにちは。高槻ジュニアの管理人ももえ(@TJ_momoe)です。

いよいよ6月は前期(1学期)の中間テストですね。大阪府では中1の成績から、高校入試の内申点に関わってくるので、高得点を狙いましょう!

大阪府の公立高校入試の合格判定に用いられる「内申点」の計算方法って、ちょっとややこしいんです。

「内申点」は、中1から中3の成績の平均ではありません。

「入試当日の得点」と「内申点」を足すだけではありません。

では、どのような仕組みになっているか順にみてみましょう。

内申点の計算方法

内申点の計算では、3年生の成績が重視され、(全体を10とした時)中1:中2:中3 = 2:2:6という比率になります。

  1. 各学年・各教科の成績(5段階評価)を全て足して合計を出す。
  2. 中1・中2の成績(5段階評価)の合計点に、2をかける。
  3. 中3の成績(5段階評価)の合計点に、6をかける。
  4. 2.と3.を足す(450点満点)

ではここで、例をあげて計算してみましょう。

<Aさんの場合>

英語 数学 国語 理科 社会 音楽 技術家庭 保健体育 美術 合計
中1 5 3 4 3 4 4 4 3 4 34
中2 4 3 5 4 4 4 4 3 4 35
中3 4 4 5 3 5 3 5 3 5 37

(1年次内申)34 × 2 + (2年次内申)35 × 2 + (3年次内申)37 × 6 = 360

Aさんの内申は、450点満点中「360」ということになります。

模試を受ける際に、志望校と自分の内申(の目安)を450満点換算で記入する場合、この数字を書けばOKです。

では、もう1人分例をあげてみましょう。

<Bさんの場合>

英語 数学 国語 理科 社会 音楽 技術家庭 保健体育 美術 合計
中1 3 3 4 3 4 3 4 4 3 31
中2 4 3 4 3 4 3 4 4 3 32
中3 4 4 5 4 5 4 5 4 4 39

(1年次内申)31 × 2 + (2年次内申)32 × 2 + (3年次内申)39 × 6 = 360

Aさんに比べて、中1・中2の成績は低いですが、中3に挽回して最終「360」で同じになることがわかります。

しかしながら、中1・中2で3~4の生徒が、中3がほとんど4~5に成績を上げるのはかなりの努力が必要です。

この結果をみて「中1から頑張ったほうが良い」と思うか、「挽回できる」と思うかは・・・本人次第ですね。

スポンサーリンク

内申点の重み(比率)

さて、内申点を計算したところで、まだ終わりではありません。

合否判定には、主に、入試当日の学力検査(90点満点×5教科 = 450点満点)と内申点が用いられますが、高校によってその重み(比率)は異なります。

倍率
タイプ
比率
(学力検査:内申)
学力検査 内申 学校名
7:3 630点満点
(450×1.4)
270点満点
(450×0.6)
北野、茨木、春日丘、三島、槻の木など
6:4 540点満点
(450×1.2)
360点満点
(450×0.8)
高槻北、芥川、大冠、茨木西、北摂つばさ、島本など
5:5 450点満点
(450×1.0)
450点満点
(450×1.0)
阿武野など
4:6 360点満点
(450×0.8)
540点満点
(450×1.2)
3:7 270点満点
(450×0.6)
630点満点
(450×1.4)

上位校ほど学力検査が重視され、下位校ほど内申点が重視される傾向があります。

模試を受けると、内申点によって判定も異なってくるので、自分のおおよその内申点は把握しておきましょう。

内申をあげるには?

内申 アップ

成績は「絶対評価」なので、テストの点数アップが直結しやすいですが、提出物や授業態度で「まじめに取り組んでるな」「頑張ってるな」という印象を与えることも大切です。

勉強は、基礎をしっかり分かっていないと、標準問題、発展問題は解けません。そして、分からないと、ますます学習意欲がなくなり、成績も落ちてしまいます。

学年があがるにつれ、わからないことが出てきたとき、それを放っておかないことです。

最近は通塾している生徒さんがたくさんいますが、もっと学校の先生を頼っていいと思います。どんどん質問して、苦手をなくしていきましょう。

\ 内申をあげるポイント/
  • 定期テスト(中間テスト・期末テスト)の点数をアップさせること。
  • 提出物(ノート・ワーク・課題・作品)を期限内に、丁寧に仕上げて提出すること。
  • 授業態度を良くして、学習意欲が高いことをアピールすること。

内申を少しでもあげたいと考えている生徒さんたちは、これらのポイントをふまえて学校生活を過ごしてみてください!