\ ブログ連携【楽天ROOM】更新中/

【小学生】英語学習の進め方&おすすめの参考書

eng_study 小学

こんにちは。高槻ジュニアの管理人ももえ(@TJ_momoe)です。

2020年から小学校の英語教育が大きく変わることはご存知でしょうか?

小3・4では年間35単位時間(週1コマ程度)外国語活動を通じて「聞く」「話す」を中心に英語に慣れ親しみ、小5・6では年間70単位時間(週2コマ程度)「読む」「書く」の学習を加えて、「教科」として成績がつきます。

「聞く(listening)」「話す(speaking)」「読む(reading)」「書く(writing)」の4技能を評価する英検やTOEICなど民間の英語試験の成績を入試に活用する動きは、大学入試だけでなく中学・高校入試にも拡がっており、英語教育の低年齢化が進みつつあります。

しかしながら、年齢があがるほど英語に対して苦手意識をもったり、間違えるのを恥ずかしいと思う気持ちが高まりがちなので、素直で好奇心旺盛な小学生のうちから学び始めるほうがスムーズに受け入れられるのではないでしょうか。

この記事では、これから自宅で英語学習を始める小学生におすすめの参考書をご紹介していきます。

小学生におすすめの参考書

導入編

まずはアルファベットと身近な単語から。

子どもにとって、ただ「書くだけ」の作業は退屈ですし、すぐに覚えられるものではありません。
日本語で言う「あいうえお」と同じで、今後の英語学習で何度も書いていれば自然に覚えます。
何冊も繰り返さずサクッと1冊で大丈夫です。

「しゃべって覚える小学生の英会話」は、カラーで見やすく、分かりやすいです。

付属のCDを「聞く」+自分で「発音する」を繰り返すことで身につきます。

基礎編

英単語から英文に進みます。be動詞や一般動詞の基礎が学べます。

スーパードリル(2)で文章の基礎を、(3)は文法の基礎が学べます。

発展編

基礎編が終わると、中学英語へつながる学習へ進んでいきます。
小学英語の総まとめができる一冊。

中学1年生の学習が分かりやすく学べます。

学研の「ひとつひとつわかりやすく」シリーズは、授業動画が視聴できるので英語以外の教科もおすすめです。

スポンサーリンク

英検を受けてみよう

英検4・5級

中1、中2過程の学習まで進んだら、英検を受けてみましょう。

学研の「ひとつひとつわかりやすく」シリーズに英検対策もあります。

過去問の問題集は旺文社の7日間完成シリーズがおすすめです。

英検3級以上

英検3級以上になると、単語数が増えるので英単語対策も必要です。

2017年度から1次試験に加わったライティング問題対策はこの1冊。

2次対策も旺文社の予想問題がおすすめです。

まとめ

これからの英語教育では「聞く・話す・読む・書く」の4技能をバランスよく習得することが求められます。

「入試に有利だから英語を頑張る」というのも1つのモチベーションですが、将来入試制度がどう変わるかはわかりません。

ただ、これまでのように中学生からいきなり授業として学ぶのではなく、素直な気持ちで吸収できる小学生のうちに楽しみながら学ぶことはとても良いことだと思います。

英語が苦手だというお父さん、お母さんも、子どもと一緒に学びなおすのもおすすめですよ。