\ ブログ連携【楽天ROOM】更新中/

【中学生】塾に週何回(何教科)通う?

塾に週何日(何科目)通うか

こんにちは。高槻ジュニアの管理人ももえ(@TJ_momoe)です。

こちらの記事では、みんなはいつから塾に通い始めるのか?をご紹介しました。

塾に通うと決めたら次に考えるのは、週何回(何教科)通うかということですね。

中学生は部活もあるので主要5科目(英・数・国・理・社)すべて塾に通うとなると、時間のやりくりが大変ですし、保護者にとっては費用面で負担となります。

中1、中2は週1~2回が目安

週2

生徒さんの得意・不得意もあるので、一概には言えませんが、部活や習い事をしているのであれば、週1~2回で通える程度を目安にしましょう。

塾によって、週2回の通塾で2科目(英・数)のところもあれば、3科目(英・数・国)を受講できるところもあります。

英語と数学は前に習ったことをベースにして新しい単元に進むので、習ったことを着実にマスターしていく必要があります。どんどん分からないことが増えていくと、苦手→嫌い→成績がおちるという悪循環に陥ってしまうので、分からないところをなくしていくことが重要です。

「国語の勉強って何をすればいいかわからない」と思っている人は、塾に通った方が良いでしょう。中学の国語は「なんとなく」では解けません。漢字や古文単語などを覚える暗記も、論理的に正解を導くテクニックも必要です。国語は、普段読書をしない人はとくに、たくさんの問題を解きましょう。

スポンサーリンク

中3は3教科(英数国) or 5教科(+理社)

5教科

「理科や社会は覚えるだけだから自分で何とかなる」と考えがちですが、ひたすら全部覚えるのって難しいですよね。

たとえば、テスト前に「まとめノート」を作る人がいますが、おすすめしません。本人は達成感はあるでしょうが、時間もかかるし効率が悪いです。

暗記科目は、テストに出る形式で覚えるのが効率的です。

塾で使うテキストはすでに要点がまとめられてますし、授業では入試の出題傾向などを考えながら、何を重点的に覚えるべきかなども教えてくれることが多いです。

また、定期的に模試を受けることで、テキストや授業で覚えた(インプットした)ことを、どれだけ解答する(アウトプットできる)力がついたかがわかります。

しかしながら、時間的に、または経済的に5教科塾に通うのが厳しい場合は、最近はタブレットやスマホなどを使って勉強できるものがあるので、そのような教材でインプット→アウトプットができるよう自分で頑張ってください。

おすすめの教材

good

塾に通っていない科目の勉強におすすめな教材は「スタディサプリ」です。

教科書で自分で理解できない場合は、映像授業をみるとわかりやすいです。
問題集(PDF)も無料でダウンロードできるので印刷して解いてみましょう。

初回は2週間無料なので、テストの2週間前から使えば、定期テスト対策にもぴったりですね!

塾で習っていない科目や苦手な単元の強化にも使えますよ。

公式サイトスタディサプリの定期テスト対策講座 14日間無料体験はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
高槻ジュニア – Takatsuki Junior