\ ブログ連携【楽天ROOM】更新中/

【中3】令和元年度(2019) 中学生チャレンジテストは6月18日実施

2019 大阪 中学生チャレンジテスト 中学

こんにちは。高槻ジュニアの管理人ももえ(@TJ_momoe)です。

大阪府の中学校で、2019年6月に中3対象の「中学生チャレンジテスト」が実施されることはご存知でしょうか?

中学生チャレンジテストとは?

大阪府教育委員会が、府内における生徒の学力を把握する目的で実施しているのが「中学生チャレンジテスト」です。中3は令和元年(2019年)6月19日に、中2・中1は令和2年(2020年)1月9日に実施されます。

チャレンジテストの目的

大阪府教育委員会、市町村教育委員会及び学校が、生徒の学力の状況をつかむことで、教育の成果と課題を明らかにし、今後の教育にいかします。
● 生徒のみなさんが、自分の学習の到達状況を正しく知ることにより、自分の学力に目標を持ち、また、その向上への意欲を高めます。
● 大阪府教育委員会が、調査結果を使って、大阪府公立高等学校入学者選抜の調査書に記載する評定が、公平性の高いものであるかどうかを確認する資料を作成し、市町村教育委員会と学校に提供します。

引用:令和元年度中学生チャレンジテスト(3年生)実施にあたってのリーフレットより

生徒が自分の学力状況を把握するほかに、学校の評定(成績)が公平かどうかを大阪府教育委員会が確認するテストです。

中学校によって定期テストの内容・難易度は異なります。するとテストが簡単な学校は良い成績(評定)がとりやすく、テストが難しい学校はとりにくいという不公平な状況になります。

なのでチャレンジテストを実施して、学校間格差をなるべくなくしましょうというテストです。

チャレンジテストの内容

  • 中1・・・国語・数学・英語(各45分)
  • 中2・中3・・・国語・社会・数学・理科・英語(各45分)

出題形式は、選択式・短答式・記述式の問題が出題されます。

出題範囲は前年度までの学習範囲と一部の教科では中3の範囲も出題されます。詳細は、令和元年度中学生チャレンジテスト(3年生)実施にあたってのリーフレットでご確認ください。

スポンサーリンク

中3のチャレンジテストが「団体戦」と言われる理由

① 府教育委員会は、第2学年の2学期末までの府内公立中学校の評定の状況と、1月に実施したチャレンジテストの結果を使って、中学3年生の「府全体の評定平均」を定めます。
② 各中学校は、中学3年生の6月に実施するチャレンジテストの自校の結果と府全体の平均を比べて、自校の「評定平均の範囲」を算出します。

2019 大阪 チャレンジテスト 評定平均

③ 各中学校は、自校の3年生全体の評定の平均と、②で求めた「評定平均の範囲」を比べ、適切な評価が行われているか検証します。「評定平均の範囲」に収まらない場合は、評価の方法の見直しを行った上で、評定をつけます。

引用:令和元年度中学生チャレンジテスト(3年生)実施にあたってのリーフレットより

上の表で見ると、府の平均を下回っているX中学校は、評定の平均の範囲を2.93~3.53の間に収まるようにつけてくださいということになります。

逆に、府の平均を上回っているY中学校は、評定の平均の範囲を3.27~3.87のの間に収まるようにつけていいですよということになります。

わかりやすい具体例にすると、評定3と4の間くらいの生徒10人の評定をピックアップした場合、

生徒1 生徒2 生徒3 生徒4 生徒5 生徒6 生徒7 生徒8 生徒9 生徒10 平均 評定平均の範囲
X中学校 3 3 3 3 3 4 4 4 4 4 3.5 2.93~3.53
Y中学校 3 3 4 4 4 4 4 4 4 4 3.8 3.27~3.87

評定平均の範囲が0.3違うだけで、3人も「4」を多くつけることができることが分かります。(先生は自校の生徒により良い評定をつけたいと考えているはずなので。)

もちろん評定が「1」「2」「5」の人もいますし、1クラスの人数も30~40人いるでしょうから、上の例のように単純ではありませんが、差がつくことが分かりますね。

こういった事情から中学の平均点が府の平均点を上回るようにみんなで頑張る=「団体戦」と言われるようになったというわけです。

過去問

過去に実施されたチャレンジテストの問題と正答例が大阪府のホームページに掲載されていますので、事前に解いておくと良いでしょう。

まとめ

成績が絶対評価なのに対して、チャレンジテストは若干相対評価が含まれる気がしますが、中学間の格差を調整する必要性もあると思います。

普段、定期テストや提出物や実技などで頑張って得た評定が、チャレンジテストの結果で評価が変わる可能性があるので、できるだけ実力を発揮できるよう事前準備したほうがいいですね!